ウズベキスタン共和国における電子政府・オープンデータの取り組みについて(日程が変更になりました)

主催:東京大学情報学環FII(Future Inforamtion Initiative)プロジェクト
東京大学情報学環オープンデータセンター

日時:2018年6月28日(木)13:00〜14:00

日時(変更):2018年6月27日(水)10:30〜12:00

会場:東京大学本郷キャンパス ダイワユビキタス学術研究館3階
ダイワハウス石橋信夫記念ホール

! なお、講演はロシア語で実施され、逐次通訳がつく予定です。

OSCE(欧州安全保障協力機構)とウズベキスタン共和国情報通信省との共同プロジェクト「オープンデータのポータル完全化に向けたウズベキスタン共和国情報通信省への協力」の枠組みに基づき、東京大学情報学環オープンデータセンター(センター長:越塚登教授)では、ウズベキスタン共和国研修外交団に向け、オープンデータならびに電子政府分野における学術交流を実施いたします。その一環として、ウズベキスタン共和国における電子政府・オープンデータの取り組み状況について、ウズベキスタン共和国の方からご講演をいただきます。東京大学に在籍する教職員並びに学生・大学院生は誰でも受講できるオープンな講演会といたしますので、海外の電子政府の動向や、オープンデータの取り組みの具体的事例にご関心のある方々は、ふるってご参加ください。

! 学外の方でも以下の問合先に事前にお申し込みいただければ聴講できます。

担当: 越塚 登 教授、住友 貴広 准教授

問合先:symposium@koshizuka-lab.org

第3回 コース入試説明会

東京大学 大学院 学際情報学府 学際情報学専攻総合分析情報学コース
第3回 コース入試説明会(2019年度夏季入試)
2018年6月22日(金)18:00〜20:00
http://www.utacs.org/
http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/

2019年4月(及び既卒者は2018年9月入学が可能)の修士課程、博士課程の、夏季入学試験に向けた総合分析情報学コースの説明会を開催します。受験をご検討している皆さんは、是非ご参加下さい。各研究室紹介等や入学試験の概要を説明をします。

【日時】

2018年6月22日(金)18:00〜20:00

【場所】

本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
ダイワユビキタス学術研究館 3階 大和ハウス石橋信夫記念ホール
(http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html)

総合分析情報学コースでは、修士課程、博士課程の夏季と冬季と2回の
入試を実施します。

  • 修士課程 募集人員:約18名(夏季・冬季入試との合計人数)
  • 博士課程 募集人員:約8名(夏季・冬季入試との合計人数)

詳細は、http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/admissionsをご覧ください。

【参加申込】

氏名・所属・連絡先をご記入の上、以下のリンク先のWeb Forから
お申込み下さい。
https://goo.gl/forms/VbbaEEoK7J1h9AUC2
申込受付のお返事はいたしません。
お申し込みの際にご記入いただいた個人情報につきましては、
本会の参加者管理の目的以外には使用いたしません。

※ なお、お申し込みの無い方でも、当日定員が超過していなければ入場
できます。

【総合分析情報学コースについて】

東京大学大学院情報学環・学際情報学府 総合分析情報学コースは、情報社会における石油とも言われる「データ」を利活用し、産業分野だけでなく、持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)を達成するために寄与したいと考えています。実世界からIoT(Internet of Things)技術によって得られたビッグデータを、機械学習(Machine Learning)や深層学習(Deep Learning)など技術をはじめとした、データサイエンスの知見を駆使して、「総合」的に「分析」し、それをデジタル社会変革(Digital Transformation)につなげることを目指しています。その成果は防災・災害対応、生命科学、Fintech(金融工学)、スポーツ工学、医薬品情報学、空間情報認識、社会資本管理、ドローン、自動走行自動車など、現代社会の様々な課題の解決に利活用されます。総合分析情報学コースでは、世界の第一線で活躍する、最高水準の人材育成を行っております。未来のデジタル社会を一緒に創造する仲間となる方々をお待ちしています。

【お問い合わせ先】

symposium@utacs.org


 

第二回 コース入試説明会(2019年度夏季入試)

【終了しました】
東京大学 大学院 学際情報学府 学際情報学専攻総合分析情報学コース
第2回 コース入試説明会(2019年度夏季入試)
2018年6月2日(土)10:00〜11:30
http://www.utacs.org/
http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/

2019年4月(及び既卒者は2018年9月入学が可能)の修士課程、博士課程の、夏季入学試験に向けた総合分析情報学コースの説明会を開催します。受験をご検討している皆さんは、是非ご参加下さい。各研究室紹介等や入学試験の概要を説明をします。

当日、午後、学際情報学府全体の入試説明会が予定されておりますので
そちらもあわせてご出席ください。

【日時】

2018年6月2日(土)10:00〜11:30

【場所】

本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
ダイワユビキタス学術研究館 3階 大和ハウス石橋信夫記念ホール
(http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html)

総合分析情報学コースでは、修士課程、博士課程の夏季と冬季と2回の
入試を実施します。

  • 修士課程 募集人員:約18名(夏季・冬季入試との合計人数)
  • 博士課程 募集人員:約8名(夏季・冬季入試との合計人数)

募集要項はまだ公開されていません(昨年度のものが掲載されています)
詳細は、http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/admissionsをご覧ください。

【参加申込】

氏名・所属・連絡先をご記入の上、以下のリンク先のWeb Forから
お申込み下さい。
https://goo.gl/forms/VbbaEEoK7J1h9AUC2
申込受付のお返事はいたしません。
お申し込みの際にご記入いただいた個人情報につきましては、
本会の参加者管理の目的以外には使用いたしません。

※ なお、お申し込みの無い方でも、当日定員が超過していなければ入場
できます。

【総合分析情報学コースについて】

東京大学大学院情報学環・学際情報学府 総合分析情報学コースは、情報社会における石油とも言われる「データ」を利活用し、産業分野だけでなく、持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)を達成するために寄与したいと考えています。実世界からIoT(Internet of Things)技術によって得られたビッグデータを、機械学習(Machine Learning)や深層学習(Deep Learning)など技術をはじめとした、データサイエンスの知見を駆使して、「総合」的に「分析」し、それをデジタル社会変革(Digital Transformation)につなげることを目指しています。その成果は防災・災害対応、生命科学、Fintech(金融工学)、スポーツ工学、医薬品情報学、空間情報認識、社会資本管理、ドローン、自動走行自動車など、現代社会の様々な課題の解決に利活用されます。総合分析情報学コースでは、世界の第一線で活躍する、最高水準の人材育成を行っております。未来のデジタル社会を一緒に創造する仲間となる方々をお待ちしています。

【お問い合わせ先】

symposium@utacs.org


 

第一回 コース入試説明会(2019年度夏季入試)

東京大学 大学院 学際情報学府 学際情報学専攻総合分析情報学コース
第一回コース入試説明会(2019年度夏季入試)
2018年4月19日(木)18:30〜20:00
http://www.utacs.org/
http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/

2019年4月(及び既卒者は2018年9月入学が可能)の修士課程、博士課程の、夏季入学試験に向けた総合分析情報学コースの説明会を開催します。受験をご検討している皆さんは、是非ご参加下さい。各研究室紹介等や入学試験の概要を説明をします。

【日時】

2018年4月19日(木)18:30〜20:00

【場所】

本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
ダイワユビキタス学術研究館 3階 大和ハウス石橋信夫記念ホール
(http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html)

総合分析情報学コースでは、修士課程、博士課程の夏季と冬季と2回の
入試を実施します。

  • 修士課程 募集人員:約18名(夏季・冬季入試との合計人数)
  • 博士課程 募集人員:約8名(夏季・冬季入試との合計人数)

募集要項はまだ公開されていません(昨年度のものが掲載されています)
詳細は、http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/admissionsをご覧ください。

【総合分析情報学コースについて】

東京大学大学院情報学環・学際情報学府 総合分析情報学コースは、情報社会における石油とも言われる「データ」を利活用し、産業分野だけでなく、持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)を達成するために寄与したいと考えています。実世界からIoT(Internet of Things)技術によって得られたビッグデータを、機械学習(Machine Learning)や深層学習(Deep Learning)など技術をはじめとした、データサイエンスの知見を駆使して、「総合」的に「分析」し、それをデジタル社会変革(Digital Transformation)につなげることを目指しています。その成果は防災・災害対応、生命科学、Fintech(金融工学)、スポーツ工学、医薬品情報学、空間情報認識、社会資本管理、ドローン、自動走行自動車など、現代社会の様々な課題の解決に利活用されます。総合分析情報学コースでは、世界の第一線で活躍する、最高水準の人材育成を行っております。未来のデジタル社会を一緒に創造する仲間となる方々をお待ちしています。

【参加申込】

氏名・所属・連絡先をご記入の上、symposium@utacs.org までメールでお申し込みください。申込受付のお返事はいたしません。お申し込みの際にご記入いただいた個人情報につきましては、本会の参加者管理の目的以外には使用いたしません。

※ なお、お申し込みの無い方でも、当日定員が超過していなければ入場
できます。

【お問い合わせ先】

symposium@utacs.org


 

卓越講義IoXシリーズ、総合分析情報学研究法Ⅱ

11月30日より総合分析情報学研究法Ⅱがスタートしました。学外より著名な方々をお招きしての講義となります。全6回の講義の予定は、以下のURLのページに記載してあります。総合分析情報学コース所属の修士課程では必修科目となりますが、学際情報学府の教職員、学生はどなたでも聴講できますので、是非ご参加下さい(担当;越塚登)

2017年度総合分析情報学研究法Ⅱ(卓越講義IoXシリーズ)

コース入試説明会(2018年度冬季入試)【終了】

東京大学 大学院学際情報学府 学際情報学専攻 総合分析情報学コース入試説明会

  • 第一回:2017年10月21日(土)13:00〜15:00
  • 第二回:2017年11月10日(金)18:30〜20:00

2018年4月の修士課程、博士課程の、冬季入学試験に向けた総合分析情報学コースの説明会を開催します。受験をご検討している皆さんは、是非ご参加下さい。各研究室紹介等や入学試験の概要を説明をします。

第一回説明会

日時:2017年10月21日(土)13:00〜15:00
場所:本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
ダイワユビキタス学術研究館 3階 大和ハウス石橋信夫記念ホール
(http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html)

第二回説明会

日時:2017年11月10日(金)18:30〜20:00
場所:本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
ダイワユビキタス学術研究館 2階 204 教室
(http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html)

総合分析情報学コース入試について

募集定員

総合分析情報学コースでは、修士課程、博士課程の夏季と冬季と2回の入試を実施します。
◯修士課程 募集人員:19名(夏季.・冬季入試との合計人数)
◯博士課程 募集人員:8名(夏季.・冬季入試との合計人数)

※募集要項の詳細は、http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/admissionsをご覧ください。

総合分析情報学コースについて

東京大学大学院情報学環・学際情報学府 総合分析情報学コースは、IoTやビッグデータを利活用した情報社会時代を支える情報学「総合分析情報学」を開拓するために2006年に設立された新しい教育研究機関です。コンピュータ・アーキテクチャ、ソフトウェア工学などのコンピュータ・サイエンス、コンピュータ・ネットワークをベースとした、IoT(Internet of Things)、ユビキタス・コンピューティング、組込みコンピュータ、ユーザーエクスピリエンス、次世代インターネット、これらの技術によって取得された実世界や仮想世界の様々な情報をデジタルデータとして流通させて状況認識を行い、さらにそれを実社会で有効に活用するための高度な情報分析手法を研究開発します。その成果はトレーサビリテイ、医薬品情報学、空間情報認識、防災、社会資本管理、自律移動支援、ドローン、自動走行自動車などの様々な分野に展開されます。

参加申込

氏名・所属・連絡先をご記入の上、symposium@utacs.org までメールでお申し込みください。申込受付のお返事はいたしません。お申し込みの際にご記入いただいた個人情報につきましては、本会の参加者管理の目的以外には使用いたしません。

※ なお、お申し込みの無い方でも、当日定員が超過していなければ入場できます。

お問い合わせ先

symposium@utacs.org

中尾彰宏教授 ドコモ・モバイル・サイエンス賞 (先端技術部門)優秀賞を受賞

総合分析情報学コースを担当している、中尾彰宏教授が、第16回(2017年)ドコモ・モバイル・サイエンス賞 先端技術部門の優秀賞を受賞いたしました。受賞テーマは「ネットワーク仮想化技術の研究開発」で、2017年10月20日金に授賞式が行われました。これまでの中尾教授の研究教育の成果が広く認められての栄誉ある受賞です。おめでとうございます!