コース入試説明会(2018年度冬季入試)【終了】

東京大学 大学院学際情報学府 学際情報学専攻 総合分析情報学コース入試説明会

  • 第一回:2017年10月21日(土)13:00〜15:00
  • 第二回:2017年11月10日(金)18:30〜20:00

2018年4月の修士課程、博士課程の、冬季入学試験に向けた総合分析情報学コースの説明会を開催します。受験をご検討している皆さんは、是非ご参加下さい。各研究室紹介等や入学試験の概要を説明をします。

第一回説明会

日時:2017年10月21日(土)13:00〜15:00
場所:本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
ダイワユビキタス学術研究館 3階 大和ハウス石橋信夫記念ホール
(http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html)

第二回説明会

日時:2017年11月10日(金)18:30〜20:00
場所:本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
ダイワユビキタス学術研究館 2階 204 教室
(http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html)

総合分析情報学コース入試について

募集定員

総合分析情報学コースでは、修士課程、博士課程の夏季と冬季と2回の入試を実施します。
◯修士課程 募集人員:19名(夏季.・冬季入試との合計人数)
◯博士課程 募集人員:8名(夏季.・冬季入試との合計人数)

※募集要項の詳細は、http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/admissionsをご覧ください。

総合分析情報学コースについて

東京大学大学院情報学環・学際情報学府 総合分析情報学コースは、IoTやビッグデータを利活用した情報社会時代を支える情報学「総合分析情報学」を開拓するために2006年に設立された新しい教育研究機関です。コンピュータ・アーキテクチャ、ソフトウェア工学などのコンピュータ・サイエンス、コンピュータ・ネットワークをベースとした、IoT(Internet of Things)、ユビキタス・コンピューティング、組込みコンピュータ、ユーザーエクスピリエンス、次世代インターネット、これらの技術によって取得された実世界や仮想世界の様々な情報をデジタルデータとして流通させて状況認識を行い、さらにそれを実社会で有効に活用するための高度な情報分析手法を研究開発します。その成果はトレーサビリテイ、医薬品情報学、空間情報認識、防災、社会資本管理、自律移動支援、ドローン、自動走行自動車などの様々な分野に展開されます。

参加申込

氏名・所属・連絡先をご記入の上、symposium@utacs.org までメールでお申し込みください。申込受付のお返事はいたしません。お申し込みの際にご記入いただいた個人情報につきましては、本会の参加者管理の目的以外には使用いたしません。

※ なお、お申し込みの無い方でも、当日定員が超過していなければ入場できます。

お問い合わせ先

symposium@utacs.org

中尾彰宏教授 ドコモ・モバイル・サイエンス賞 (先端技術部門)優秀賞を受賞

総合分析情報学コースを担当している、中尾彰宏教授が、第16回(2017年)ドコモ・モバイル・サイエンス賞 先端技術部門の優秀賞を受賞いたしました。受賞テーマは「ネットワーク仮想化技術の研究開発」で、2017年10月20日金に授賞式が行われました。これまでの中尾教授の研究教育の成果が広く認められての栄誉ある受賞です。おめでとうございます!