オープンでスマートなデータ駆動型社会を目指して

“Aiming for an open and smart data-driven society”

東京大学大学院情報学環・学際情報学府・越塚登研究室では、情報社会における石油とも言われる「データ」を利活用し、産業分野や社会革新イノベーションを達成するために寄与したいと考えています。実世界からIoT(Internet of Things)技術によって得られたビッグデータや、オープンデータや産業ビッグデータを活用し、機械学習(Machine Learning)や深層学習(DeepLearning)など技術をはじめとした、データサイエンスの知見を駆使して、「総合」的に「分析」し、高度に最適化された都市(Smart City)を実現し、デジタル社会変革(Digital Transformation)を起こすこと目指しています。

Koshizuka Laboratory hopes to contribute to the achievement of industrial fields and social innovation by utilizing “data” called as “oil” in the information society. Utilizing big data obtained by IoT technology from the real world, open data and industrial big data, we comprehensively analyze using knowledge of data science such as machine learning and deep learning and other techniques, We are aiming to realize a smart city optimized for the digital transformation of our society.

■ 研究室運営/Laboratory Management

越塚研究室は、越塚登教授と住友貴広准教授、濱田健夫助教の3名の教員、3名の研究員で共同運営しています。また、多様な産官学連携や国際連携のなかで研究を進めています。学生は博士課程5名、修士課程8名、学部生1名、研究生1名が在籍しています。協調的かつ主体的に研究し、論文執筆や国際学会で発表し、更にその成果の社会実装を目指す意欲のある学生を期待したいと思っています。

Koshizuka Laboratory is jointly operated by three faculty members: Professor Noboru Koshizuka, Associate Professor Takahiro Sumitomo, Assistant Professor Takeo Hamada, and three researchers. We are also conducting research in diverse industry-government-university collaborations and international collaboration. Students enroll in a doctoral course of 5, a master’s degree of 8, undergraduates and a research student. I would like to hope for students who are willing to cooperate and subject themselves, to write papers, to present them at international conferences, and to be motivated to aim for social implementation of the results.

■研究テーマ/Research Theme

研究室で扱う研究テーマは広く、ここでは代表的なテーマを5つほど紹介します。

The research theme to be handled in the laboratory is wide, and here we will present five representative themes.

1. Smart City

IoTやAIなど、最先端の情報通信技術を都市空間の隅々にまで行き渡らせ、社会全体の効率化や人々の生活に質(QoL)の向上に寄与する、未来のSmart Cityの在り方や、そこに必要な技術の研究を行なっています。データを最大限利活用し、更に都市と人間のインタラクション、次世代の情報通信基盤の有りかた、それらをプラットフォーム化したSmart City OSの実現に向けたチャレンジを行なっています。

We are researching on Smart City of the future, and the necessary technology there, which contribute to improving the efficiency of society as a whole and quality-of-life (QoL) for people’s lives by promoting state-of-the-art information and communication technologies such as IoT and AI to every corner of the urban space.  We are making the most use of data, we are also challenging for the realization of interaction between city and people, for the next generation information communication infrastructure, and for establishing Smart City OS as a platform of smart cities.

2. IoT (Internet of Things)

IoT/UbiquitousComputingは、コンピュータネットワークに接続されたコンピュータを実空間の様々な所に埋込み、センサー等を使って現実世界の状況を認識し、認識した情報に基づき協調動作等を行いながら、社会活動を支える情報技術である。要素技術には、RFID、Sensor Network、Smart Card、Security、Embedded System、Context-aware Computing、Augmented Reality等がある。これらの技術を利用して、Location-awareな情報サービス、食品・医薬品・工業製品等のトレーサビリティ、Smart HouseやSmart City など、様々なテーマに挑戦している。

IoT / Ubiquitous Computing is an information technology which embeds computers connected with computer networks in various places of the real world, recognizes the real world situation using sensors and the like, performs cooperation on the basis of the recognized information, and supports our social activities.  Element technologies include RFID, Sensor Network, Smart Card, Security, Embedded System, Context-aware Computing, Augmented Reality. Using these technologies, we are challenging various themes such as location-aware information service, traceability of foods, pharmaceuticals, industrial products etc., Smart House and Smart City.

3. Open Data

オープンデータは、IoTによって蓄積された膨大なデータや、多くの様々な社会組織が保有するデータに対するAPIを備えたサービス開発環境、またそれを用いた情報サービスの新しい開発プロセスである。要素技術には、Semantic Web、NoSQL Database、GIS等がある。特に近年は、オープンデータの中でも特に、我が国で発展している鉄道やバス、航空機などの公共交通に関する情報を提供する、「公共交通オープンデータ」の取組に力を入れている。

Open Data research deals with service development environments with APIs for big data obtained by IoT and social data owned by many social organizations, and a new development process for service using the data. Element technologies include Semantic Web, NoSQL Database, GIS and others. Particularly in recent years, we are focusing on the “public transport open data” which provides information on public transportation such as railroads, buses, aircraft etc., which are well-developed in Japan.

4. Block Chain

Block Chainは信頼できる第三者なしに、完全に分散された環境で、高い信頼性を確保した上で、情報を広く共有するための基盤技術である。特に、仮想通貨などFinTech分野で期待されている。越塚研究室では、Block Chainの金融以外の様々な応用の実現にチャレンジしており、IoT x Block Chainなどに取組んでいる。

Block Chain is a fundamental technology for widely sharing information while securing high reliability in a fully distributed environment without reliable third parties. In particular, it is expected in FinTech field such as virtual currency. In Koshizuka Laboratory, we are challenging Block Chain to realize various applications other than finance, such as IoT x Block Chain.

5. プログラミング教育/Programming Education

将来の情報社会では、誰もがプログラミングできる能力、またプログラミング的思考ができる能力が必要であると言われている。我が国でも小学校からプログラミング教育が導入されつつある。そこで、越塚研究室では、理想的なプログラミング教育のカリキュラムやそのためのツールがいかにあるべきか、実際にプログラミング教室の運営を行いながら研究を進めている。

In the future information society, it is said that everyone should have the ability of programming, and the ability to think programmatically. Programming education is being introduced from elementary school in our country. Therefore, at the Koshizuka Laboratory, we are conducting research while actually managing the programming classroom, to see how ideal programming education curriculum and tools for it should be.


参考情報/ Reference Information

アクセス

住所
東京都文京区本郷7-3-1
東京大学大学院情報学環
ダイワユビキタス学術研究館